知っておきたい船橋市の家族葬について

船橋市 家族葬

家族葬とは家族、親族、親しい友人に限定して行う小規模の葬儀を指します。近年、葬儀を簡素に行う傾向があり、家族との時間をゆっくり取ることで故人との別れに向き合えるというメリットがあります。また、費用面でも小規模にすることで抑えることができ、需要が高まっています。そんな家族葬を船橋市で行う際に気をつけなければならないのは、訃報を知らせる方です。どこまでお知らせするか悩むかと思いますが、大切な人に声をかけ忘れてしまうとトラブルの元になりかねませんので、注意したいところです。また参列者の人数によっては一般葬を選んだ方がよい場合があります。そしてどこまで参列頂くかをはっきりと伝えておくことで先方に悩ませることがありませんので、親切と言えます。また葬儀が終わった後には葉書などで家族葬を済ませた旨を伝えるとよいでしょう。

船橋市で家族葬を行う際の注意点

船橋市でも一般的になってきた家族葬は、最近の主流であり、現代の価値観やニーズにマッチしていますが、それでも親族の方の中には納得ができずに反対の声が上がる可能性もなくはありません。 なぜ理解が得られないかというと、故人の最期に多くの一般の方の参列をお断りすることがあるからです。故人に人脈や人望があった場合、昔は葬儀でご近所の方を含めて多くの知人や友人を招いて大人数でするというのが一般的でした。参列者が沢山訪れて下さるということで、それだけ故人の死を悼んで下さる方が沢山いるので、供養になるとも考えられていました。 しかし家族葬は遺族が故人との時間を落ち着いて持つことで、故人としっかり向き合うことに重点が置かれているため、そこを納得してもらえないのであれば、反対の意見が出るかもしれません。解決方法としては故人の関係者にまず相談と情報共有を行うことで、理解を得られるよう努力しましょう。

船橋市で家族葬の業者を選び方について

船橋市にも家族葬が行える葬儀場は沢山あります。葬儀場にはいくつか種類があり、自治体などが所有する公営式場、葬儀社が所有する民営式場、宗教施設、自治体、地域の施設があります。また近年少なくなっていますが、自宅で行う場合もあります。公営式場は費用も安いですが、混み合っている場合も多く、基本的にその地域の住民しか利用することはできません。葬儀場は、場所、日程、予算、規模、内容によって選びます。家族葬を行う際は費用を抑えられる公営式場をおすすめします。また前もって宗教上の指定の葬儀社がないかも確認しておくことが大切です。また葬儀場によって自由な葬儀ができない場合もありますので、確認が必要です。葬儀については亡くなってから準備をすすめることが多いと思いますが、予め葬儀について知識を身につけておき、葬儀社や会場も目星を付けておくことで、費用を最低限に抑えた上で満足のいく葬儀を行えるでしょう。

遺言や相続のことに関しましても当社では弁護士や税理士をご紹介できる形になっております。 お客様のご要望にお答えし安心してご葬儀出来るよう全面サポート致します。 生花祭壇に関しましては今までの実例の写真を分かりやすいよう掲載させて頂いておりますので是非ご参考にして下さい。 お電話でのお問合せはフリーダイヤルとなっている為お金は一切かかりません。 船橋市で家族葬をお考えの方への情報サイト