いざという時に備えて船橋市の家族葬について知る

船橋市 家族葬

自分の家族に万が一の事が起こってしまったら、あまり考えたくない事ですが誰にでもいつかはやってくる事なので、予め知識として頭に入れておくといざという時に困りません。では船橋市で家族葬を行うと決めた場合に先ずは何から始めれば良いのか、それは家族葬の斎場を見学しておく事です。年齢順で順番が決まっているものではありませんので、可能ならば家族全員で見学に行くのがいいかも知れません。家族のだれがどの立場になっても対応できるように、しっかり学んでおきましょう。斎場の見学では実際に葬儀がどの様に行われるのかはもちろん、遺族として事前にやるべきことなどが教えられます。また知っているようで知らない香典の返し方、選び方なども学ぶことができるので自分の家族の時以外にも役に立つことが多いでしょう。

船橋市で家族葬を行う時に知っておく事

船橋市で家族葬を行うと決め見学に訪れたなら、疑問質問などは解決していくようにしておく事です。誰でも始めは何も分からなくて当然なので、こんなことを聞くのはと遠慮せずに気になっている事は全て解決しておくと、実際の葬儀の時に困らずに済みます。葬儀というのは流れがある程度決まっていて、通夜があり次の日に告別式というのが一般的です。告別式はごく親しい人や親族のみが参列する事がほとんどです。ただ告別式の後に焼き場へと向かう流れなのかどうかは地域によって変わってきます。日本全国でいうと通夜の前に既にお骨となる地域などもあります。新聞のお悔やみ欄などに記載されているのを見て、こちらから知らせていない方が通夜へ来て下さる事もあり、親族というのはとても忙しいものですので、役割分担なども決めておくといいかも知れません。

船橋市の家族葬について知っておく事とは

船橋市で家族葬を行う際に知っておく事として、葬祭場へ入るまでの流れも重要です。亡くなったのがどの場所であれ、先ずは個人を安置する場所へと移すことが必要となります。病院で亡くなった場合には病院側はそのベッドに個人を安置しておく事はできませんので、一旦は恐らくご自宅へと移動する事になります。ご自宅で看取られた場合はそのまま、納棺を行い葬祭場へと行くことが一般的となります。どちらにしても行われる納棺という式は、親族が揃っている時に始められることが多く、ここで故人とのお別れをする事になるので、その前までに親族には連絡を入れておくようにして下さい。葬祭場へ行ってからもまだお顔をみてという事は可能ですが、納棺前にお別れをしたいと希望のある場合などは早急に連絡を入れておく方がいいでしょう。